れんこんの穴から

kpop寄りの女子アイドル好きです。なのにHey!Say!JUMPの沼から片足抜けなくなって混乱中の日記です。

知念色、JUMP色。“Lucky-Unlucky”

どうもこんにちは!れんろんです。

ちょっと今日はテンション高くてすみません。

過去記事直し中ですが!

JUMPシリーズまだ一つだけですが!

おまごる新曲神ですが!

そして只今テスト週間ですが!

 

JUMPのmステになんとか間に合い、どーーーしても書きたくなったので…思ったことを断片的にですが綴らせていただきます!

 

始めに

衣装は全員コーラルピンク(で合ってる?)と白。だから全身ピンクでもきつくなく、優しい感じ。「メンバーみんな『知念アホ』」ってテレビのインタビューで言われてたのを聞いたのですが、みんな染まってる笑“Chau#”みたいなふわふわファンシー感もありつつ、地に足着いてる感じ。爽やか。

JUMPは今や全員アラサーで、もっと大人っぽい格好良さを出していこうとしてる(髙木くんや有岡くんの雑誌、またはカレンダーの様な)感じがします。でも超個人的には、あんまりセクシー系には行かんで〜色気は十分だよ〜というか…。ただ耐性がないだけかもしれないですが。今好きな韓国のグループがみんなセクシーと逆方向を行ってるグループだし、JUMPも元はかわいい系かもだし、元々清純な方が好き(女子グループ)というのもあると思いますが、あんまりセクシーになっちゃうとすこーし不安で寂しくなるといいますか…。

韓国の女子アイドルも、デビューから時間が経つと「これが今自分たちがやりたいもの」と言って色っぽくてかっこいいいのを出してきたりするのですが、「そっか、いくらファンがアイドルのかわいい姿を見続けたいと思っていても、アイドルがその姿で続けるのは厳しかったりするんだな…」と思うのです。それは女子に比べて寿命が長い男性アイドルにも言えることかなと。

あ、もちろんかっこいいのは大歓迎です。要はJUMPのセクシー化が多少恐いだけです。あと、「かわいいJUMP」をもっと見たい、知りたい、というのも。

新参者がすみません。長いこと脱線しましたが、そんな訳で今回のJUMPの路線はとってもいいなあと思いました。これが「男の『大人かわいい』だ!」って感じ。本人達が一番やりたい路線は何なのか分かってないのですが、「今が等身大」って感じもする。

 

感想実況中継

まず入場のいのたか。伊野尾くん何このピンクのカチューシャ(あ、バンダナか)。髙木くんが伊野尾くんをアピール。バンダナそこに巻く!?伊野尾くんじゃないとできんな、その位置は。髪型と髪色もピンクも相まってかわいい。髙木くん、ヤンキーみたいな金髪なのに気品がある。ピンクもまさかの似合う。中島くんまさかのヒゲ。アラフォー以降の中島くんってこんな感じなのかなと思ったりして。それにしてもヒゲにピンクってすごく新鮮…。そして薮くんなんか若返った気が。有岡くん、幼いんだか大人っぽいんだか分からない。八乙女くんも前髪あると幼く見える。山田くん、片耳ピアスだー。ピンクも似合うな、かわいいな。最後に知念くん。うちの妹(知念担)は「今回神すぎ!やばい!」と叫んでましたが、確かにビジュアル最高。焦げ茶も髪型もすっごく似合う。

曲に入ります。

冒頭の全員直立シーン、でこぼこ感かわいい。

前奏なくてびっくりしたけど、始めのダンスに目がいく。手足の動きがみんな綺麗だな。

「情けない本音」のとこの八乙女くんのウィンク&小声「やぁー」。どうした?かわいい。

1番のいのありたか「どうしてと」の所。個人的に好きな人達。有岡くんの英語ラップがかっこよくていいアクセント。

サビ前の知念くん「証明しよう」、ラッパーって感じだし始め八乙女くんかと思ってた。そういえば知念くんと八乙女くんって声似てる?

サビ。とにかくみんな動きがキビキビしてるし、綺麗。あと生歌だったんだ。ほぼ音源じゃないか。

「empty heart」、「はぁーーーー」って伸ばしてるとこ、空みたいな爽快感。スカーンって。

しばらくダンスに魅入って、髙木くんと中島くん(今回一番大人っぽいかもしれないコンビ)の「一人で生きてる訳じゃない」で二人で目を合わせてるとこ、髙木くんが「い」のとこで眉毛上げたり二人で目合わせて目が嬉しそうになるとこ、個人的にすごく好き。

最後のサビ前の知念くん「思い通りに行かないから楽しい」、本当に音源感。それにしても息が合ってる。「だから」直前のライトピカーンと同時に立ち上がるとこ、うん、いい。

最後の最後、みんな並ぶとこ、中島くんと伊野尾くんが寄り添ってるとこ、ありやまちねが並んでひょこってしてるとこ、やぶひかたかもひょこってして薮くんと髙木くんが笑い合うとこ、ものすごくほっこり。

 

最後に

すみません長くなりました。今回mステのJUMPを見て、アイドルをリアルタイムで観て、応援して(って、観ることしかやってない😅)きゃーきゃー言うって、こんな感じなんだなあ…楽しいなあとしみじみ思いました。いつもスマホの動画上でしか観られないものだから。一人で胸ぐら掴まれたように「はぁ〜…☺️」ってするだけだから。あと、ワイプを見る楽しさも初めて分かりました。ああもう、楽しいなあ。

妹が“Lucky-Unlucky”を本屋で予約しちゃったそうです。ついでにそこには私の好きな韓国グループの日本デビュー盤もあるそうです。う…両方見たいけどまずそこのコーナーまだ一回も行ったことがない💦いいなあ。いつかは妹とお金出し合ってCDやDVD買いたいなあ、なんて。

いろいろ失礼しました。最後に、山田くん誕生日だったそうで!おめでとうございます🎉

ちょっとずつ、私もJUMPオタクの階段を上って行けてるといいな。では、失礼します。

ブログ開設から3ヶ月!

こんにちは、れんろんです。

前回の記事で「次は髙木くんについて書きます!」と書いたのですが、すみません、前言撤回。

気がつけば、この「れんこんの穴から」を始めて既に3ヶ月が経っていました…!まだまだひよっこであることに変わりはないのですが😅

というわけで今回は、今のタイミング(令和に入ったわけだし笑)で、当ブログの変化やそれについて思ったこと、今後のことについて書こうと思います!

 

やっとJUMPについて記事出せた

なんせきっかけはJUMPのくせに、序盤はkpopについてしか書いてなかったもので…。JUMP経由で来て下さっていた方、長らく待たせてしまってすみませんでした。

それに加え、

  • このブログがJUMP&kpop(&雑記)ブログであるためには、一刻も早くJUMPの記事を出さなければ
  • JUMPファンになるなら、一刻も早くJUMPについて思うことを形にしなければ

ということもあったので、初めてJUMPの記事を出せた時は、本当に嬉しかったしホッとしました!

さらに、pv数の増え方が変わりました。いつもは一日1〜3、loonaやEvergrowの記事出した直後が一気に30〜40くらい、という感じだったのですが、JUMPの記事を出してからはコンスタントに一日二桁が積み重なっています。

あ、5月4日現在総pv778ですって…ひゃー。それだけ読んで下さる方が増えたんだなぁ、と嬉しく思っていたのですが。

これだけでなく、ずっと楽しみに読んでいたブロガーさんから声をかけていただいたり、読者になっていただいたりということもあって…。ちょっともう、身が一気に引き締まる思いです。

これまで読みに来て下さった方々、いつも読んで下さる方々、本当にありがとうございまーす!

すごく励みになっています。私も読んで楽しかったりためになったりすると同時に、自分も書いてて楽しい記事を書いていきたいと思います😊これからも宜しくお願いします。

あ、これブログの最後に持ってこんにゃいけんやつ

 

オタクについて考えが変わった(いい意味で)

あ、一面記事に持ってくるので割愛。ってするくらいなら早よ出さんにゃ(忘れてしまう😅)。

 

やっぱりアイドルが好き

余談ですが、この連休中ほぼ毎日(初日だけ部活でボランティア掃除に行ってたので除外)学校に自習しに行ってました。恐らく今後もそうです。休日も全部学校に行ってたら休み真面目にありませんね(笑)ブログに使える時間も必然的になくなっていっちゃいます。

でも、ブログ自体は絶対続けます。

今の私の楽しみは食べることと寝ること、そして何よりアイドルです。ブログはアイドルの内に入ってます(笑)まだアイドルに関する消費活動は全く行ってないので、ネット上で動画やブログを見たり(書いたり)するだけなんですけどね。それでもそれが今の自分にとってどれだけ心の避難場所であることか…。

勉強や人間関係などで凹んでも、ひとたびアイドルが楽しそうにアイドルしているところを見て寝れば、ひとまず元気出ます。アイドルは精神回復剤だけでなく、気付け薬でもあります。偉大です。というわけで、アイドルに力を借りて、受験勉強頑張っていこうと思います。

大学生になったらライブ行きたいなあ

 

今後の予定

  • JUMP全メンバーについて一人一記事シリーズ(次は髙木くんです)
  • オタクについて思うこと
  • 韓国の好きなグループについて書きたい(あと3つ)
  • 記事の総手直し  

ただそのためにブログを一旦閉じたりすると、ちょびっとずつしかできないのでブログ復旧ができなくなる可能性があります。そのため、これまで通り一記事ずつ見直して更新、という形を取ろうと思います。通知が多くなってしまいますが、できるだけ少なくなるようにするのでご容赦ください。

さて、これらを今年中にできるかどうかは…自信がないですが💧ペースさらに落ちると思うので。

 

さて、長くなりましたが、これからも当ブログを宜しくお願いします🙇‍♀️

 

ど新規の今、JUMPを見て思うこと 後編パート①薮編

こんにちは、GWでも最早合格するまで休み無しのれんろんです。ご無沙汰しています。

今回は前回の後編として、各メンバーについて思うこと、JUMPを好きになって考えが変わったことについて書こうとしたのですが…初めの薮くんだけでそこそこ長くなり、次の髙木くんはさらに長いので、もう量がひどくなること、あとなんとか平成が終わるまでにHey!Say!JUMPの前編と後編、せめて一記事でも出したかったことがあったので、ここで泣く泣く切ることにしました。

前置き長くなってすみません。

と、いうわけで、「今JUMPを見て思うこと 後編」は全部でパート10になります(汗)これは令和までJUMPするしかない😓いや、これはこれでいいのかも?(おい)

しかも、隙間を見つけて下書きを書き貯めているのですが、記事を出すペースは超遅いです(これじゃ揃うのがいつになるやら。…いや、絶対書くぞ)

どうか、長ーーい目で見守って頂けると幸いです🙇‍♀️

 

 

推しは誰だ問題

とまあ、その前に、メンバー一人一人について思う事を書こうと思います。いつものグループのメンバー紹介通り、年長順でいきます。

ど新規(のくせしてという部分もあるかと)&いつもより呟き散らし度が強め&しかも長くなったのですが💦よかったら、お付き合い下さい。

今回はパート1、薮くんについてです!

 

薮宏太

第一印象「キザなのかそうじゃないのか分からない」ウィンクと癖のある歌い方からか。

培った歌い方を大切に実践し続けている感じがする。母音をハ行で言うところとか、「よ〜」が「ようぉ〜」みたいなところとか。すみません、歌全く詳しくないんですが、学校の合唱で教わったことにも少し共通してる気がして。Jr.でも歌い方の基本としてこんなことも教わっていたのかな〜なんて。少し親近感(すみません)。

kpopでは(だけなのか??自信がない)、最後のサビの時にメインボーカルが「うぉー」って百人力並みにハモるところがあるのですが、薮くんが“COSMIC☆HUMAN”で「うぉーおーおーおー」っていってるとこ(?)、メインボーカルみがあってなんか嬉しかった。もちろん山田くんも。

あとなーんか見たことある気がする。…と思ったらうちの父。いや違う。似てるのはうんちくとエラが張ってるとこだけだった。

加えて薮くんについて驚いたことは、「足長っ!」ってことと、もう一つ。

小学生の頃、味楽るミミカやまいんちゃんの流れで忍たま乱太郎をよく見ていました。主題歌は同じなのに歌う人は割と変わってましたよね?(謎の疑問形)過去に担当していた(いる)のは、光GENJIやJUMP、Sexy Zone、そして「Ya-Ya-Yah」だそう。ジャニーズばっかりじゃん。

私の中では女子か男子か分からない感じの人たちで、そもそもジャニーズかどうかも分からなかった。YouTubeで記憶を頼りに探してみると、「Ya-Ya-Yah」だそうで。

Ya-Ya-Yahって何だ???」

となって調べたところ、

ブログも含めたネット上の様々な先輩方曰く、薮くんと八乙女くんが所属していた(いる?)Jrの伝説的なグループだそうです。

え、じゃ待って。

ずっと聴いてたあの歌は薮くんと八乙女くんたちが歌ってたってこと!?(八乙女くんはまだ当時加入してなかったみたいだけど)

女子か男子か分からん声、薮くんたちの声変わり前の声だったんだ…。

お、おう、なんて偶然😳

急に過去と現在の点が線で繋がったような、そんな衝撃を感じました。そして、最後のサビの直前の「うぉううぉううぉーいぇええええ!」(分かりにくくてごめんなさい)、鳥肌立ちました。ひゃー当時から既に。…恐るべし。

当然、当時はYa-Ya-Yah自体も知らず、ましてや誰が歌ってるかも全く知らなかったんですけれど、それが実は、好きになったJUMPのメンバーだったとは…。もしかしてJUMPを好きになるのも運命だった??(笑)何言ってんだって感じですが、あながち間違いじゃなかったりして。

それにしても2人だけ引き抜かれちゃったんだ…引き抜かれた方も残された方もどっちもさぞかし辛かっただろうなあ…(私が言える話ではないや…)。

でも薮くん本人は、「I’m a 苦労人」という感じがあまりしないんです(あくまでど新規の私から見て、です)。その代わり菩薩感がします。引き抜かれたり、大人数をまとめないといけない苦労をぜーんぶ飲み込んで笑っていられるのかな。だとしたら、とっても強い人だ。ミュージカルもあるし、苦労はこれからもきっとまだあると思うけれど。なおさら。

あといたジャンのYouTubeのクリップを見て、「さあ、〇〇〇〇、どうぞ〜!」の言い方と笑顔が優しいし、料理のくだりでは山田くんとポジションが逆になっているのが微笑ましいなと思いました。

 

結論、歌強い、人強くて優しい。まさに長男。「ゴッドファーザー」というよりは、「大兄ちゃん」かな。

 

脈絡ない文章でごめんなさい!今回はここでおしまいにします。次は髙木くんです!もっと長文注意報が出ていますが💦どうぞ、お楽しみに〜。

最後までお付き合い下さって、ありがとうございました!

 

ふう、令和になるまでに間に合ってよかったよかった

 

 

 

 

 

ど新規の今、JUMPを見て思うこと 前編

どうもこんにちは、れんろんです。

なぜかJUMPを好きになったことが直接のきっかけであるこのブログ、書き始めると元々好きなkpopへの愛が再燃し(いや元から消えちゃおりませんよ)、JUMPのことを出さないまま2ヶ月になりました。そして未だに推しが確定しない。逆にニュートラルな状態と開き直って今思うことを書こうと思います。長くなったのでJUMP自体が好きだと確信するまでを前編とします。

(序盤失礼なことけっこう書いてる気がする。もちろん悪気は1㎜もないですが、不快な思いをさせてしまったらごめんなさい)

昔の記憶

JUMPの存在を知ったのはだいぶ前です。cmで“Chau#”が流れてた頃(2015年)か、バーモントカレーのcm(2013年)か。もっと言えば山田くんが出てた「理想の息子」の頃(2012)か。でもなーんとなく“Ultra Music Power”は聞いたことがあったぞ。あと、伊野尾くんが出てた志村どうぶつ園も観ていました。

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

初めに言います。当時のJUMP自体の印象は「妙にキザでチャラくてよく出てくるふわふわなジャニーズ」でした。

なぜキザかというと、山田くんのハーフ顔をキザと思ってしまってたからです(超失礼承知)。

今だから言えるけど、以前は山田くんのハーフっぽい顔と、あと知念くんのハスキー声、なんとなく好きではなかった(ごめんなさい)。

言い訳みたいな感じですが、ハーフ顔、ぱっと見であまりすっと受け入れにくくて…。ハリウッドの堀の深〜い顔だと違和感ないんだけど。ハーフ顔が、見慣れたアジア系と全く違う西洋系の中間だからかな(だってハーフだものね)?その後めちゃくちゃ愛着持って見慣れて、やっと「綺麗だな」と思う。他の人でも、例えば

f:id:Lotusgfo:20190303104615p:image

元I.O.Iのソミ(関係ないけど5月にやーーっとソロデビューします!)とか、

f:id:Lotusgfo:20190405234004p:image

loonaのヒジンとか。二人ともなんか似てない…?そして二人ともなんか初め違和感がありました(ごめんなさい)。超綺麗なんですけど!

ちなみにチャラいと思ったのは熱愛報道のせいでしょうか…?急にcmとかでよく見るようになったと思ったら、熱愛報道が複数出てきた記憶があります。

そういう類の報道って、よく見ているファンの人なら「うん、こんなことする人じゃない」などと冷静に却下したりあるいは錯乱したりするんだろうけれど、なんにも知らない、思い入れ今のとこ何もない人は何の疑問も抱かずまるまる飲み込んじゃうと思います。たとえそれがデマであったとしても。そしてそのイメージでずっと残ったりする。

 

ちょっとだけ身近に

話を戻します。妹経由で好きになったと以前書きましたが、そうです、きっかけは確実に一足先にファンになったうちの妹です。

アイカツラブライブのブーム(私と妹の中だけ)がひと段落した後はちゃお命だった妹が、1〜2年前から“White Love”を鬼リピしているのです。「未成年だけどコドモじゃない」の広告がちゃおに出てた影響だそう(←そこでまず妹は知念沼にドボーン)。

それからは家のパソコンから若い男の人の笑い声や歌が響くようになり……それがJUMPと知ってからは、なんだかJUMPには嵐やNYC並みに親近感を覚えるようになりました(歌番組に出てても、ジャニーズだからといって瞬間早送りせずに普通に見られるグループはそのぐらいだった。しかしその時点ではまだJUMPが出てる歌番組を見ていなかった)。また、妹はアルバムの“SENCE OR LOVE”の初回限定版を買ってもらったようで、パソコンだけでなくラジカセからもJUMPやソロの曲が聞こえてくるようになりました。いや、聞かせにかかってたのかもしれない。「たかきって人はオネエなの」とか「八乙女は、バカ笑」など、メンバーについても色々話してくるようにもなって、全員顔と名前は完全に覚えちゃった。妹め、完全に布教してたのね、全く笑

 

ショックどかん

遠い記憶を抜きにすると、初めて見た、JUMPが出てる歌番組は昨年末のmステです。そうそう、“BANGER NIGHT”でした。かるーく衝撃受けました。だって脳内イメージはふわふわでチャラかったのに、ふわふわもチャラさも微塵もないんですもの。白黒かつ鮮烈。山田くんの最初と最後の見せつけてくる感。韓国のオーディション番組ならギャラリーが狂喜乱舞して審査員が「いいねいいね」って頷いてそうな。分かりにくくてごめんなさい。(その頃妹は「なんでいのちゃんのソロダンスないのー!?」と御憤慨)

それから、mステの“マエヲムケ”では鮮烈なゴリゴリクラッシュぶり(と山田くんの悲壮さ)はどこいった、超楽しそう。伊野尾くんのほっぺぷくーがあらまあかわいい。

そして番組名忘れましたが“COSMIC☆HUMAN”。えーとですね、心理的にかなり持っていかれすぎたのでここでは略します。気がつけば、なぜか妹に「今のもう一回流して」と言っている自分がいました。妹がニヤニヤして「あ〜姉ちゃんこれ好きになったの〜」と言いながらもう一回つけてくれました。「ん〜〜分からん」と言いながらまたもう一回、さらにもう一回。ひとしきり身終えた後は、なーんか気になってしょうがなくなるまでに。待てよ、これヨジャグル(女子グループ)ではないのになんでこんなに気になるのかと思いながら。

 

 

知りたい。もっと知りたい。

話ちょっとだけ逸れますが、kpopアイドルを好きになる時も「曲聞いて気になる→メンバー調べる→このグループ好きかも」となっていましたので、こうなったら即調べました。もちろんJUMPについてです。言うまでもなく歌も!でもメンバーの写真はしばらく直視できませんでした。なんかこっぱずかしくて(今は大丈夫ですが、それでもガン見はたまにできない時がある)。うーん、ヨジャグルならそんなことなかったのに。

そうして調べていくと、

  • ジャニーズJr.、システム的に韓国アイドルの練習生と似てる気がすること
  • JUMPは位置付け的にもかわいい系の、そして超若い、大人数のグループであったこと(ふわふわと思ったのは間違ってなかった笑)
  • 実は10人だったこと
  • チャラいなんてとんでもない、実はすごい真面目に苦労していたグループであること
  • しかもメンバー1人1人がそれぞれにめっちゃ悩んで(って一言で言っちゃっていいのかな)、それをみんなで乗り越えてきたこと
  • 伊野尾くんや岡本くんのパートが長い間すごく少なかったこと
  • だから伊野尾くんが単独でテレビに出だしたのはとんでもなくすごい事であること
  • おととしデビュー10周年だったこと…ああ見たかった
  • 人気はすんごいけど国民的ではまだないこと
  • 年齢的にもこれからであること!
  • 嵐みたいに全員がセンターになれるわけではないけれど、個人個人がグループ内外で味を出したり活躍したりしていること
  • そして取り繕いなしに超仲がいいこと

などがわかりました。(足して行ったらキリない気が)

グループの歩みをずっと見てきた方々と比べたら感じようはほんのちっぽけとは思いますが、それでもJUMPにまつわる知らなかったことを一つ一つ知ったり気づいたりしていくたびに、心にじわん、じわんと染みていくのを感じました。

っていうか、歴史をもっと前から見たかった!!と思いました。今から好きになってもそれ以前は知ることはできても解らない。でも好きになるのが後になればなるほどもっと解らないことが増えるだけ(せっかく今なりかけなのに)。

 

また、(あー書き忘れてた)これまで聴いていたのは韓国語の曲ばっかりで、日本語の曲といえばたまにそのジャパニーズバージョンを聴いてみるだけでした。そしてなんか違和感感じて(gfriendは例外。日本語版もすごく好きというレアケース)、また韓国語の曲ばっかりに戻るという感じ。だから日本語の曲そのものを「あ〜いいなあ〜」と聴くことはほぼなかったわけです。

しかし、JUMPの曲はそういうのなしに、スッと入ってきました。しかも、言葉にありがたみがあるというか、全体的に明るいしあったかいというか。あれ〜こりゃいいねえ(何様)

そうするうちに、

これはヨジャグルじゃない、ナムジャ(男)グルだ

しかも、ジャニーズだ。

でも、好きっていうかなんていうか、これからもずっと見ていたい。

と思うようになりました。

というわけで、めっちゃ脳内ぐるぐる中のド新規が誕生しました(いいのかしら)。どうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️(何だ?)

 

はい、長くなりましたが、こんな感じです。いかにこれまで好きになるまでの壁がごつかったことか…😅でもこれで頭の中のぐるぐるが少し、溶けていった気がします。そして、やっとJUMPについて一つ書けたという安堵感と、やっといつも楽しみに見ているJUMPブロガーさん達の仲間入りができたような嬉しさも(kpopにかまけて何も書いてこなかったのが何言ってんだというおこがましいの承知で、勝手に思ってるだけですごめんなさい…)。

ここ最近、記事書かずに他のブロガーさん(みなさんアイドルに限らず何かしらのオタク)の記事を読むだけだったのですが、まあ楽しくて。世界が広がる感じがするし、つくづくオタクって素敵だと思います。幸せ。自分も好きなもの、もっと奥まで楽しんでいきたいと思います。だからかな、書き終えてにやけるくらい今もなんだか嬉しい。

izoneの初カムバについても書きたいのですが、次回はこの記事の続編になります。

ではでは、失礼しまーす。

 

Evergrow、見過ごせないデビュー〜“Bon Bon Chocolat”

こんにちは、ご無沙汰してます、れんろんです。

今月は過去記事の直しも思いついた時だけ、やっとJUMPについて書き始めようと思えば画像貼付やそのモラルについて悩み、…と、とにかく全く進んでません。下書きリストだけで記事にできそうなくらい溜まっていくばっかり。

すみません!

今回は記事の順番だの矛盾だのすっ飛ばして、どうしても急に書きたくなったものを書きます。

それが…先週デビューしたばっかりの、

「EVERGROW」というグループです。(またもや韓国ヨジャアイドル)

youtu.be

初めに

2017年から怒涛のデビューラッシュです。それぞれ違う面を持ったグループが立て続けに出てきている。YouTubeのおすすめの所に「こんなグループが出たよ、こんなグループが出たよ」と言われても、つぶさにそれぞれ覗いてみる気にならない(苦笑)しかもデビューしてすぐに結構な知名度を得られるグループもあれば、数年経ってやっと人気を得たり、得られないまますぐに消えてしまうグループもあります。つまり、グループはまーだまだ、あります。その分頭が追いつかずにスルーしちゃうグループも割とあります。しかしながら、このEvergrowというグループは、なんか、素通りできませんでした。

なんだろう、デビュー前からすごい振れ幅というか、奥行きの深さを感じさせてくるのです。

Evergrowでは、メンバー1人1人の紹介をショートビデオ(mv風)で行なっているのですが、1人1人のイメージに合わせているのでしょう、素晴らしくバラバラ(笑)この後のメンバー紹介での動画がそれです。

 

メンバー紹介

参照がイメージビデオとかmvとかぐらいなので情報薄いです、ごめんなさい。

E:U

youtu.be

1998年5月19日生まれ

最年長のリーダーです。普通に「イーユー」と読むんじゃないかな?mv見て思った、loonaのジンソルにそっくり。ラッパーという共通点も。

シヒョン

youtu.be

1999年8月5日生まれ

produce48に出てました!しかもproduce101(produce48の前の前)にも出ていた苦労人です。missAのスジに似てると言われてましたが、個人的にはtwiceのモモにも似てると思う。

youtu.be

真ん中の美人さんです。露出に頼らずこの色気。でもイメージビデオは清楚系。うん、これも似合う。

ミア

youtu.be

2000年1月13日生まれ

イメージビデオを見たときIZ*ONEのチェヨンに似てると思いました。っていうか眼光鋭いしガールクラッシュごりごりすぎて怖かった。でもmv見てみたら、あらかわいい。どうやらメインボーカルのようで、声が綺麗だし歌い方が洋楽っぽい。

オンダ

youtu.be

2000年5月18日生まれ

オンダって…すごい名前。一瞬恩田陸さんが思い浮かびました。笑った顔がfromis_9のジホンかプデュに出てた小嶋真子ちゃんに似てる気がするし、顔的にも日本人かなと。違いましたが。なんとアイドル学校に出てた子だったそう…!!fromis_9ファンとしては急に親近感が湧いてきた。パリピ風だけど可愛さがんがん押していく感じ、マンネかな?と思ったけどこれも違いました(マンネはイーロンだ)。

声がクリアで、かつ儚い感じ。今のところevergrow の中の推しになりそうです。

アシャ

youtu.be

2000年7月21日生まれ

え、アイシャ、アシャ?英語ではアイシャの方がすんなりくるけどハングルではアシャっぽい。うーん、loonaのチェリーがChoerryでハングルがチェリなのと同じ感じ?(ごめんなさーい分量少ない💦)前髪があるのがオンダとアシャなのでちょっと混同しそうでした。オンダはもう、かわいい系。アシャは背も高く、きりっとしています。なーんか誰かに似てる…?と思ったら、おまごる(oh my girl)のミミでした。

 

イーロン

youtu.be

2000年12月29日生まれ

(イーロンともイーレンともイロンとも言われててよく分からない)シヒョンと同じくproduce48に出てました!しかも出演した練習生が投票でビジュアルランキングを決めたのですが、堂々の第一位✨なのに脱落しちゃって…アイドルオーラ半端ないのに。だからデビューできて本当に良かった。声も(顔も)どこか幼げなのに、天上の女神感がする。

 

事務所はウィエファです。produce48では、イーロンとシヒョンと、あとIZ*ONEに受かったイェナがウィエファから出ていました。ってことでIZ*ONEが終わったらイェナもEvergrowに合流するのかな…?

今のところ、闇属性と光属性が1:1で混ざり合っている感じがする。闇感が強い順に、ミア→アシャ→E:U→オンダ&イーロン&シヒョンって感じ?あと、シヒョンとイーロン以外全員芸名ですが、めちゃくちゃ考えてつけてあるんだなあという印象。

 

曲聴いて思ったこと

個人のイメージビデオも、同じ雰囲気で揃えるのかと思ったら個人のイメージに沿わせている。ゴリゴリのガールクラッシュもパリピも優雅も清楚もあって…メンバーのポテンシャルの高さを感じました。しかも苦労人多い。注目度も動画再生回数も半端ないですが、是非とも大成してほしい、報われてほしいグループです。

そしてタイトル曲を聞いてみて。一発でハマりました(笑)らっぱの電子バージョン(?)のイントロから勢いよく始まって、終始圧倒されながら聞き抜けていく感じ。

なんでしょう、可愛らしさも格好良さも色気もフレッシュさも全部備えている。ただのガールクラッシュではなく、優雅さを湛えた強い女性像。そこはIZ*ONEと似ている所だと思います。つまり、只者ではない。

あと、声にけっこう電子加工がかかっている気がするので、早く音楽番組とかで生で歌っているのを聴いてみたいです。でもダンス激しそうだから大変そうだなあ。

youtu.be

バッキバキでした。す、凄いとしか言いようがない。

これからこのグループがどうなっていくのか、すごく楽しみです。IZ*ONEのライバルになったりして。でもItzyとか、2019年デビュー組だけでもすごいとこ揃いなので、一体どうなるんだろう…

よし、今回はここで失礼します。

そういえば公開したの今日なのに、なんで3日前に既に公開したことになっているのかと思ったら、この記事書いて一旦保存しようとした時に間違えて公開ボタン押してしまったのでした。しかも2回。…ありゃまあ。

 

 

 

ブログの写真貼り付け問題から思ったこと。

こんにちは、れんろんです。

前々回の記事はブログに写真を貼ろうと思った矢先どうすればいいかわからなくなって書いたものですが、

論点変更。 

「ブログに写真を平和に貼るにはどうすればいいか」ではない。「アイドル(や運営さん、他のファンの方々)にとって写真をネット上で拡散されることは嬉しいのか」。

あくまで写真を貼る前提でものを考えてしまっていた…反省。

今回はアイドルの写真がネット上で広められることについて色んな立場の人を想像して書きます(全て私の想像です。まだ思慮が浅い所が多いかも。大違いだったり気分を害されたりしたら本当にごめんなさい)。

 

 

大前提。

アイドルのプライバシーが晒されたり、イメージダウンに繋がったりする写真は論外。また写真を上げつらって悪口言ってるのも論外。 アイドル自身が許されないことをしているのを告発する写真は…非が完全にそのアイドルにあるなら、そこは何とも言えないけど。

 

アイドルにとって。

自分の写真が広まって知名度が上がり、アイドルとしての自分が認められたり、自分の新たな一面が認識されたりするきっかけになれば、嬉しいことじゃないかと漠然と思っています。ただそれが元で他のメンバーと軋轢が生じたり、アイドル自身の身体的、精神的疲労が爆上がりしちゃったりしたら…それは人気の裏の面というところか。

 

運営さんにとって。

自分のとこのアイドルが売れるきっかけになれば結果オーライ??でも人気は出ても落ちてくるはずのお金が落ちてこないと困るか…。音楽配信アプリやYouTubeがあるから、CDとか買わなくても全部の曲を聴いたりmvを見たりするのは基本可能。しかもテレビ番組や普段見ることができないmvなどもアップされてるので、CDなどが買えなかったり海外にいたりする人にも知られることができる。

現にそれは私のような者にはめちゃくちゃありがたいものだったりする。Kpopも家中で好きなのが私しかいない、CD買うにはAmazonしかない、通信販売まだムリ、とか。JUMPもいたジャン、家のテレビじゃ見れんし。国内で有名だからグッズ入手でも通信販売に頼らなくていい、妹がけっこうファンでグッズ買うのは親公認、という点はKpopよりはまだいいけど。

長くなったがそういう無料公開は非常に有難いものである反面、運営やちゃんとお金払ってるファンから腹立たしく思われても無理はない…。

(デジタルからの)ファン度がある程度いったら、次は生で見たい、直接会いに行きたい、何かを手元に置きたいと思うようになってくる。私はアイドルオタクというと生活を犠牲にして貢ぐというイメージが根強くて(ごめんなさい)、Kpop好きになりたての時はいくら好きでもグッズやCDとかは買うまい、そこは線引きだと決めていた。ただ今になって思う。いくら曲やmvがタダで済んでも、お金を払って会いに行ったりCDを買ったりするのは無駄な訳がないのだった。むしろ価値は無限大とも言える。線引いた箇所の思考を持つようになって分かった。逆に言えば以前の私にはそれも分かってなかったって事だが。これでやっと、私も一アイドルファンとして一歩前進(?)したのかしらと思う。

あ、私事ばっかりになってしまった。

 

 

ファンにとって。

一口にファンといっても、考え方は本当に人それぞれ。「見てみて!この人本当にかわいい/かっこいいの!」というファンからの写真を見て、新たにファンになる人は絶対いる。それに対して、前からのファンでも「そのアイドルのいい所を色んな人に知ってもらえて嬉しい」「好きなアイドルが売れてる、嬉しい」もあれば、「好きだからこそ、大衆的に知れ渡ってほしくない」「有名になったら好きなアイドルがさらに遠い存在になってしまう」「ど新規なくせに訳知り顔して語り散らすファン(やばい、私も半ばそれかもしれない💦)が増えるのは嫌」もある。前の見出しで書いたこともある。あと「何ネタバレしてんだよ!」もあるかも。でも「伝える」ことにおいて写真はすごいエースだったりする。こうでこうでこうで…って言うより一発で伝わるもの。

 

 

客観的に考えるつもりが、めちゃくちゃ主観ぶっ込んでしまった。思慮が足りないところもきっとまだあると思います。ごめんなさい。

でも結論。アイドルって、本当に色んな人の思惑が働いている。あと、番組とか色々公開している(くれる?)人は、ある意味危険を犯してまでたくさんの人にアイドルを伝えようとしているのかもしれない。正直、どれが良いか悪いかは分からない(人の悪口を言わない、陥れないなどの人間道徳的な観点は言わずもがなだけど)。 

アイドルを好きでいたり応援したりすることは想像以上に奥が深いものだなあと改めて思いました。そして、アイドル本人も運営さんもファンもみんな、アイドルに関わる人は、熱いなあと思います。そういう熱い真面目な人たちが傷つくことがないように、みんなで楽しく真っ当にアイドルを応援できるようになりますように。

 

思慮、配慮不足に加えて最強に分かりにくい文章だったと思います。繰り返して謝ります。また随時修正します。

 

P.S.またもやなんで公開が2週間前になってるんだ?また間違えて一旦公開してしまったのかしら。しかも、ですます調で書くつもりがいつのまにか後半みんな、である調になってる。なんてこった。

 

 

ブログ画像貼り付けがわからない

どうもこんにちは、れんろんです。

ブログを始めて早1ヶ月。やっとJUMPのことについて書いているのですが、ある問題が。

画像貼り付けってどうやるのー

※貼り方説明の記事ではありません。あくまで考えているだけの記事です。ごめんなさい

すごくよく見られるインターネット上の写真の貼り付けはいいのか悪いのかそもそも分からない。

韓国アイドルはYouTubeやvliveなどでめちゃくちゃ発信してくれていて、音楽番組もチャンネルがあり、番組内のパフォーマンス動画を配信してくれています。その動画やスクショは公式だからOKみたいなので(URL貼り付けはURL変えなければOK、スクショはグレーだそう💦)、画像は主にそこから持ってきてブログに貼っていました(まあ大量に)。

むかーしスクショしていた写真も一部ありますが、一応公式っぽいものに限る。だから他のファンの方々が撮られたサイン会の画像とかを貼らなくても、「こんな人」の紹介で画像に困ることはありませんでした。

で。問題はJUMP。

もちろんネット上にもYouTubeにも写真や動画は溢れかえっているのですが、

ジャニーズのネット上の公式公開ってほぼなくない??

最近映画で撮影OKになったと聞きましたが、それニュース制作に関係ない一般人がブログ等で使っていいものではなさそうだし。

あとジュニアのYouTubeは韓国のと同様にOKかと言うと、分からない。公式だからどんどん拡散してね、というものでもないのかな…?

YouTubeからスクショしようにもテレビ番組(バラエティ、音楽番組)がほとんど。いたジャンとかうちの地域では放送されないのでメンバーを知る上ですごくありがたかったのですが…。

と考えていると、テレビ番組のYouTube投稿や雑誌の写真も大丈夫なのか?となってくる。

あれ、じゃあブログにJUMPの画像上げるのって他の方々はどうされているんだろう…???

どういう基準で他の方々が動画や写真を上げているのか、またどういうやり方でそれを行えばいいのか。あるいはそもそもがアウトなのか。

どなたか教えて下さい(泣)

…それじゃ自ら公開しているkpopってなんてあっけらかんなんだろう。どんどん新規ファンつかまえてどんどん広めてもらえて…メンバーもファンもwin-winで超平和なのかもしれない。でもファンが勝手にガンガンスクショしてるだけなのかも。

私は全く詳しくないけど、ジャニーズ事務所の方でも、(権利に厳しすぎるとは言うけど、それも)メンバーを、何かを守ろうとしてのことだと思うし。

誰も傷つけないためにはどうすりゃええんだろ…?私も今回の記事を書いていて、韓国アイドルの写真の貼り方を反省しました。「〇〇出典」とか「〇〇からスクショ」とか、ほぼ全く入れてなかったもの(loonaの記事はスクショって初めに言ってたけど)。入れよう。

 

最後になりましたが、今回これを書くにあたって色々調べていた時、行き着いたこちらの記事を貼らせていただきます。

sasagimame.hatenablog.com

すごくためになりました。どうもありがとうございました!

それではまた今度。

あ、これじゃまたJUMPの記事が書けない。どうしよう…似顔絵ってありかしら?…これも肖像権アウト?